主な利点

そびえたつマンション物件

公務員が不動産投資をする場合に利用したいのが共済の貸付です。公務員は組合に入っており、共済から貸付を受けることができます。共済の貸付は担保がないので、物件を購入した場合に抵当権がつきません。 また、共済の貸付は他の金融機関から借り入れを行う場合に必ず掲載される信用情報に一切掲載されません。つまり、銀行には共済からお金を借りていることが全く分からず与信が傷つくことがないので銀行で後からローンを組むことも可能となります。 例えば、基本的には住宅ローンは1つしか組むことが出来ませんが、住宅ローンで返済分が残っていても共済から借り入れをして住宅ローンを完済し、新たに住宅ローンを組んで不動産投資用の物件を購入するということもできるのです。

公務員は勤務先が国や県など安定した職場ですのでお金を借りる場合にとても評価されます。特に勤務した年数が長ければ長い程評価されます。つまり、サラリーマンや自営業者に比べてローンを組んだり物件を購入する際に公務員というだけでもとても有利になるのです。不動産投資用にうってつけの利回りの高い収益物件を定年間近でも購入することができたり、サラリーマンと同じ年収でも購入できる物件の価格に差ができるなどの優遇を受けることが可能です。公務員という大きなバックボーンを利用することで不動産投資を一般のサラリーマンよりも有利に行うことができるというメリットが公務員にはあるのです。銀行で資金を借り入れる場合も公務員という安定した職業であればしっかりと話しを聞いてもらうことができます。