利用すること

取引をする男性

公務員が行う不動産投資の金額や価格の傾向は、年々投資額は多くなっています。公務員の給与体系は年功序列制のため、ある程度の年齢になると大きな金額での不動産投資が可能となるためです。不動産投資の中でも特に最近は海外の物件を購入することが増えています。高額な物件を購入するのではなく、ワンルームなど手軽に購入できる物件を複数購入して不動産投資を行うことが多いです。海外の不動産を購入する時の金額の傾向は600万から800万円程度となっています。 さらに購入は、分割よりも一括で購入することが多いです。一括で購入する理由として利息などを考慮する方が増えていることや購入契約した時のレートで支払いたいという思惑があるためです。

不動産投資は以前より公務員に人気の投資です。 これまでは国内で地方公務員の場合は、住んでいるエリアでの投資を行い、国家公務員などの場合はエリアにこだわらずに行うケースが多く、投資方法も不動産価格の差異を狙う投資でなくて賃貸収入を見込む投資が多いです。 しかし、近年はこのような傾向から海外への不動産投資が注目されています。海外でも日本企業が多く参入する東南アジアやリゾート地として人気があるハワイがあります。物件も大掛かりなものではなく、単身者向けのワンルームを購入して日本人向けに賃貸物件として貸し出すケースが多いです。海外が人気の理由として賃貸需要が高いことや対応する日本の不動産事業者が増えていることにより、利用しやすい環境があるためです。