状況を見極める

第一段落は、公務員でも出来る副業として不動産投資を紹介しています。第二段落は、これからの日本はアベノミクスの結果インフレ傾向になり、地価や家賃が上がるのでその結果として不動産投資に最適な環境が整いつつあると記しています。

高級マンション

利用すること

公務員の不動産投資は、国内よりも海外に人気が高まっています。海外は東南アジアやhワイなどのリゾート地が多く、購入する物件も高額な物件を購入するのではなく、ワンルームなどの物件を複数購入し、賃貸収益を見込んだ投資が増えています。

取引をする男性

主な利点

公務員の人で不動産投資を行なっている人はたくさんいます。審査が通りやすく、ローンも受けやすいという特徴があるからでしょう。工夫次第で様々なメリットを得ることも出来ます。

そびえたつマンション物件
不動産とビジネスマン

不動産の利用

電話をする男性

もしも、公務員の方が資産運用を考えているのであれば、不動産投資は必ず選択肢に入れましょう。なぜならば、不動産投資は個人が行う資産運用の中で、唯一、ローンを組むことができるものであり、そして公務員であるということが、ローンを組むうえでとても有利に働くからです。公務員は勤め先が倒産したり、勤め先でリストラされたりすることがまずありません。自分がその職場で働きたいと考えていれば原則定年までいることができます。このことが金融機関における融資審査で大きく評価されるのです。一般企業のサラリーマンが金融機関において不動産投資のためのローンを組もうとすると、年収で500万円以上あることが1つの条件となってきます。

一般企業のサラリーマンでは通らないような審査でも公務員では通るというケースはしばしばあります。これは公務員の方が物件を獲得するうえで一般企業のサラリーマンよりも有利な立場にいるといえます。一般企業のサラリーマンが不動産投資のためにお金を借りたいという相談を金融機関の担当者にしても相手にさえしてくれないケースもありますが、公務員の人が相談しに行った場合にはとりあえず話を聞いてくれます。この時に担当者を説得できるように簡単なキャッシュフロー表と物件概要だけは持っていきましょう。あらかじめキャッシュフロー表のフォームを作っておいて、気に入った物件が出てきたときにすぐに作ることができるようにしておけば審査までスムーズに物事を運べます。